ホルモン剤を続けていると太ってしまうことがある

ホルモン剤を服用したら、太って痩せない。という悩みを抱えている女性も多いです。なぜ、ホルモン剤を摂取していると、太ってしまうのでしょう。
ホルモン剤の一種でプラノバールがありますが、こちらのホルモン剤を処方すると、太ったり、むくんだりします。

婦人科で処方されるホルモン剤

プラノバールは、月経異常や不妊、更年期障害による体調不良などの症状を緩和するホルモン剤です。
婦人科で処方してもらえます。

ピルの一種である

プラノバールは、中量ピルの1種類で、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンを合成して作られたホルモン剤です。
治療目的に使われるものです。
排卵をコントロールし、月経前症候群の改善や更年期のよる体調の不調を改善していきます。
服用すれば、生理が止まります。望まない妊娠を防ぐための避妊薬として使用されています。飲みかたを間違えると大変なことになりますので、処方の際は、医師から詳しい説明をしっかり聞き、用法、用量を守ることが大切です。

太ってしまう原因は

ホルモン剤を飲むことにより、血液中の濃度が高くなり、水分や脂肪を溜め込みやすくなりますので、太ったり、むくんだりという症状があらわれます。
改善、予防するには、生活習慣を見直したり、適度な運動やストレッチなどを心がけると良いでしょう。
プラノバールに含まれているエストロゲンが体内で異常に増えてしまうと血液が固まりやすくなります。
血液が汚れているほど血栓がつまりやすくなるので、喫煙、飲酒、脂質や糖質の多い食事などかたよった食生活の人は気をつけましょう。

ホルモン剤を処方する前に副作用は確かめましょう

プラノバールを処方し続けると、太ったり、むくんだり、血栓症のリスクが高まったりするのは、副作用です。処方してもらう前に、きちんと医師から副作用の説明を聞くことで、副作用を防ぐことができます。
副作用と思われる主な症状をきちんと確認をしておくなど、処方前は医師から、きちんとした説明を求めるようにしましょう。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP