ホルモン剤を利用することによりおこる副作用とは

ホルモン剤とは、女性ホルモンが配合されたものですが、女性ホルモン剤とは、女性にとってとても良い効果が期待できると注目のホルモン剤です。
もちろん、副作用などの心配もあるため、人気があっても注目されていてもなかなか利用できない人も多いのではないでしょうか。

女性ホルモン剤の副作用

服用していて、一番気になるのはも副作用です。
女性ホルモンを利用していて、おこる副作用とは
 

下痢・吐き気・頭痛などの不調

不妊治療として女性ホルモン剤を服用したときの副作用としてつわりのような症状の吐き気や嘔吐などの症状が多くみられます。
 

更年期障害や自律神経失調症のような不調

個人差はありますが、おもな症状は、食欲不振、体のだるさ、発疹、むくみ、のぼせ、発汗、発熱、頭痛、めまい、肩こりなどです。
 

不正出血や乳房のはり

エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌をうながすために女性ホルモン剤を使用したときにあらわれます。
そのほかの副作用として、乳がんや乳腺症発病の可能性も指摘されていますが、閉経するまでの短期間の使用なら、経過をきちんと観察することで、発ガンのリスクは低くなると言われています。

女性ホルモンは大切です

女性はホルモンの増減によって、体に大きな影響を受けます。ホルモンバランスを保つためにも、ホルモン剤の利用は大いに役立ちます。副作用についても、ホルモン剤の用量と用法をきちんと守ることで防ぐことができます。
ホルモン剤を利用することにより、疾患の症状緩和することのほうがより大切です。ホルモンのバランスにより不調を感じたら、医療機関に相談にいくことがおススメです。
ホルモン剤の利用と同時に、日頃からの正しい食生活、規則正しい生活、適度な運動をすることも大切です。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP