ホルモン剤からくる怖い副作用とは

ホルモン剤を上手に利用することで、ホルモンバランスの乱れによる体調の不調の改善に役立つことから、利用している人も多いかもしれません。
中には、用量を少し多めに飲んでいる人がいるかもしれませんが、ホルモン剤を多く摂取したからといって、効果が増大することはなく、逆に副作用に悩まされることがあります。
ホルモン剤は、きちんと用量と用法を守って利用することが大切です。

ホルモン剤を多く摂取すると副作用が心配される

大量に服用してしまうと、肝臓に負荷がかかってしまうため、肝機能障害をはじめとする症状につながり、血栓症などの重い副作用の危険があります。
症状としては、

  • めまいや頭痛
  • 吐き気や嘔吐
  • 重いうつ状態になる
  • 物忘れが多くなる
  • 情緒不安定になる
  • 乳房のハリ乳腺の痛み
  • 足のしびれ

などがあらわれます。このような症状が頻繁に起こる場合は、ホルモン剤摂取による副作用を心配して下さい。

ホルモン剤とうつ症状

中でも怖いのが、ホルモン剤の分作用によるうつ症状です。抑うつ的になってしまったら、ホルモン剤の摂取をやめたり、減らしたりすることで、抑うつが改善します。
うつ症状は、とても辛いものがあり、眠れなくなったりすることもあるので、うつかなと感じたら、早めに医療機関で受診することが大切です。

ホルモン剤と副作用は切り離せない

ホルモン剤には副作用があります。ホルモン剤を処方してもらうときに、どのような副作用があるのかきちんと理解しておくことが大切です。
効果を焦るあまり、多めに摂取したり、乱用してしまうことは非常に危険です。ホルモン剤を多く摂取しても、効果が増大することはありませんので、焦らずきちんと使用方法を守って利用しましょう。

関連する記事

次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP