遺品整理と不用品回収って何が違うの?

遺品整理と聞いても、ピンと来ないなんて人もまだまだ多いかもしれません。普通に考えると、自分の親が亡くなったときに遺品整理をすることがほとんとでしょう。その時、遺品整理ついてもいろいろと知っておくと、よりスムーズに進められるかもしれません。

不用品回収ってどんな風にするのか

遺品整理のほかにも不用品回収って言葉を聞いたことはありませんか。不用品回収もさまざまな方法があります。不用品回収では、基本的に業者に回収してもらう方法と自治体による方法があります。
自治体による不用品回収の流れは、次のようなものです。まず、不用品について、破棄するものがあったら、まずは自治体へ連絡して、回収を申し込みをします。そしてコンビニや自治体内などで粗大ごみの回収シールなどを購入し、それを不用品に張り付けます。そして、指定された日時に指定場所へ不用品を出します。すると、自治体がそれを回収してくれるのです。
また、不用品回収を民間の業者もやってくれます。民間の業者の場合、まずは見積もりをしてくれます。見積もりの内容がオーケーであれば、そのまま回収を依頼することとなります。依頼してときには、業者が回収に来てくれますので、搬出する手間もはぶけていいでしょう。
kugilug
さらにこの二つの違いとしては、回収してくれる物があります。自治体の場合、回収できないものも多いのです。パソコンやテレビなど家電でできない物も多いです。リサイクルをするためということで、自治体で回収できないのです。また、普通に回収にできるものも時には大きすぎると、回収をしてくれないケースもあります。自治体のついては、気をつけることも多いのです。ですので、電話などで事前に回収してくれるのかを確認する必要があります。
民間の業者だと、電化製品でも何でも回収をしてくれます。ところが、費用がそのぶん、かかってしまうことがあります。

遺品整理とはどんなことをしているのか

遺品整理の場合、大きな目的としては遺すもの、形見分け、処分のものと分けることです。これらを分けていくのは、けっこう時間もかかったり、手間もかかります。なかなか遺品を手にすると思い出にひたったり、気持ちが悲しんだりして、進められないなんてケースもあります。そういうことを考えると、遺品整理も無理をせずに、ゆっくりと進めることも必要なのでしょう。
しかし、遺品整理を早急にしなければならないケースもあるのです。それは賃貸物件に住んでいるケースです。賃貸料もかかりますし、やはり退去も求められます。やはり、住んでいるケースとなると、家具類や電化製品類なども多く、より時間も手間もかかってしまうのがほとんどです。そんなときに、利用した方がいいのが遺品整理業者でしょう。遺品整理業者の場合、遺すもの、形見分けをしたあとに、残ったものまで処分をしてくれます。特に遺品整理業者を利用したほうがいいのは、遺品についての取り扱い方が丁寧など、しっかりと対応してくれる点がいいでしょう。今だと遺品整理士という資格もでていて、それを持つ人がいる業者もいます。

両者の違いとは

遺品整理業者は、きちんと遺すものや形見分けに必要な物をとっておき、不用品回収業者だと基本的には回収だけをするものです。
ですので、不用品回収を利用する場合には、事前に自分で遺品整理をしておかないといけないのです。それすらできないときに、遺品整理業者へ頼むという流れなのです。
この二つはそうした使い分けが基本でした。最近では業者によっては、遺品整理までする不用品回収業者もでて、その差がなくなってきてもいるのです。

最後に

不用品回収業者を利用するときには、事前にどこまでサービスがあるのから確認をしておきましょう。それを受けて、どこまで自分でするかも考えて、両者を使い分けるようにしましょう。

更新情報

アーカイブ

ページ上に戻る