ホルモン剤には様々な種類がある

ホルモン剤は、生殖器系にかかわるがんの治療や、婦人科系の疾患を治療など、さまざまな治療に使われています。治療以外でも、美容やアンチエイジングでもホルモン剤は利用されています。ホルモン剤とはいったいどういうものなのでしょう。

ホルモン剤とは

ホルモンを医療用に配合したものです。ホルモンの成分はたんぱく質ポリペプチド、フェノール誘導体、ステロイドなどです。内分泌線で作られ、血液中に分泌され、体内の特定の器官に運ばれからだはたらきを調整する化学物質です。

ホルモン剤の役割とは

からだの環境が常に同じようになるようにはたらきかけることが大きな役目となります。ほんの少しの量で効果を発揮しします。
ホルモンは、もともと体内の内分泌線で必要なときに必要な量がつくられるものですが、年を取ったり、病気などで、ホルモンの量が減少したり多すぎるなど、バランスをくずしてしまうと、からだに不調があらわれます。
ホルモン剤を取ることで、からだのホルモンバランスを保ち、不調の改善へとつながります。

ホルモンの減少で引き起こす不調とは

体内でのホルモンの分泌が減少してしまうと、からだのさまざまなところで不調をきたします。
 

更年期障害

女性に多い病気です。卵巣から出る女性ホルモンが減少したときに症状があらわれます。
女性にとって辛い病気ではありますが、自然な現象でもあるため不快な症状もがまんしてしまう女性も多いです。
症状もさまざまで、頭痛や肩こり、腰痛、発汗、イライラ、情緒不安定など色々あります。
ホルモン剤は、その症状にあわせて不足しているホルモンを補うものになります。
 

精神神経症状

記憶力低下、いわゆる物忘れです。女性ホルモンの低下によって、ひどくなってしまうことがあります。
ホルモン剤で、女性ホルモンのバランスを整えることにより、脳神経細胞の増殖、脳の血流の増加につながり、記憶力低下から心配されるアルツハイマー病の予防となります。

ホルモン剤のさまざまな種類

ホルモンバランスをくずすことで起こるからだの不調に、効果的なホルモン剤がいろいろあります。
 

抗がん剤治療に使用されるホルモン剤

生殖器に関係するガン(乳がん卵巣がん子宮体がん前立腺がん)の治療に利用されるホルモン剤は、性ホルモンのはたらきを抑え、がん細胞の増殖を抑える役割があります。
ガンの種類によって、摂取するホルモン剤は異なってきます。
乳がんは、女性ホルモンのエストロゲンがんの増殖にかかわっていますので、エストロゲンをブロックするホルモン剤が必要となります。
前立腺がんは、男性ホルモンのテストステロンがかかわっていますので、テストステロンをブロックするホルモン剤が必要となります。
 

アンチエイジングに利用されるホルモン剤

女性ホルモンのエストロゲンは、美容に大きく関係しています。
エストロゲンを取ることにより、肌にみずみずしさを与え、コラーゲンを増やす作用もあります。

ホルモン剤は正しく使うことが大切です

jkuyf
ホルモン剤の役割は、体のホルモンバランスの改善です。大きな効果を期待するあまり、多くのホルモン剤を摂取すれば良いというものではありません。
ホルモン剤は、体内のホルモンバランスに直接働きかけることになるため、効果が高い反面、副作用などが強くでることがあるのも特徴です。
ホルモンは、少量でもからだに多大な影響を与えることもあります。安易な気持ちで偏った知識のみでホルモン剤を摂取するのは危険です。
医療機関で、医師の指示のもと、用法、用量はきちんと守ることが大切です。
[PR]通販でもホルモン剤は購入できます。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

[2016-10-11]
ホルモン剤には様々な種類があるの情報を更新しました。
[2016-10-11]
ホルモン剤を利用することによりおこる副作用とはの情報を更新しました。
[2016-10-11]
ホルモン剤を続けていると太ってしまうことがあるの情報を更新しました。
[2016-10-11]
男性から人気のホルモン剤とはの情報を更新しました。
[2016-09-16]
ホルモン剤からくる怖い副作用とはの情報を更新しました。
△PAGE TOP